ライトニングリターンズでゲームオーバーでクリアと普通にクリアを両方試した結果。

まず、自分がゲームオーバーになった条件はメインクエストの未達成のまま余命0日になり、エンディングを迎えずにクリアしてしまった。

いわゆるバッドエンド的なやつ。

そこで気づいたことは、ゲームオーバーでクリアしても戦闘能力やウェア・武器・盾・一部アイテムを2周目以降引き継げることがわかった。

ただ、初周となる1周目でゲームオーバーするとハードの選択と贖罪のクリスタルの装置と武器と盾の改造はできなくなる。

つまり、間違えてノーマルを選択して道中詰んでしまっても、あえてゲームオーバーにすることによって難易度イージーに下げた状態で最初からプレイすることが出来る。

しかも難易度間の武器などの引き継ぎはできるので若干ヌルゲーとしてプレイできるだろう。

次周への引き継ぎをまとめると、次のようになる。

  • 初プレイ時普通にクリアした場合。
    • 回復アイテム
    • GPアビリティとGPポイント
    • スタイル
    • ウェア、武器、盾、頭と腕用のアクセサリー、デコレーション
    • アビリティ
    • 素材
    • その他アイテム 
    • オートクリップ
    • 贖罪のクリスタルの設置(いつでも強くてニューゲームができる装置)
    • 難易度ハードの選択
  • 初プレイでゲームオーバーになった場合。
    • 普通にクリアから『贖罪のクリスタルの設置』、『難易度ハードの選択』を除いた全て。
  • リセットされるもの。
    • メインクエストの達成状況
    • サブクエストの達成状況
    • だいじなもの
    • ラストワンを含む魔物の生息状況

クリア感想記事で時間制限の縛りは気にしなくてもいいと言ったのは、周回プレイをすればするほど強くなるしゲームオーバーでも引き継がれるから、後々しっかり攻略すればいいじゃんっていう事。

だから最初から時間気にする必要はないと思う。